薬剤師に特化した調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬会社への人材派遣・転職紹介情報サイト

お問い合わせは [東日本]0120-747-262 [西日本]0120-622-160(平日 10:00~19:00)

メディカルコミュニケーター

メディカルコミュニケーターとは?

医薬品の専門知識とコミュニケーションスキルを兼ね備えたコミュニケーターのことです。
DI(医薬品情報管理)担当として、医薬品に関する情報を収集・整理し医療従事者や患者へ提供をし、質問に応じる業務や、
学術担当として安全性情報や関連文献などの最新で正しい医薬品情報をアドバイスする業務などがあります。

たとえば・・・迅速かつ正確な情報伝達で安心を届けます!

他にもたくさん!メディカルコミュニケーターの魅力

未経験OK!
薬に関しての知識はもちろん、電話対応に関する研修プログラムも充実しているので、未経験の方でも安心して働くことができます。
プライベートも充実
基本的に残業が無いので、家事や子育てと両立させている人もたくさんいるので、しっかり働きたいお母さんにもおすすめです。
体への負担が少ない
電話を通じて適切な情報提供をするデスクワークの仕事のため立ち仕事はありません。知識の習得などで頭は使いますが、体に負担はかかりません。
勤務地いろいろ
勤務先である製薬メーカーなどの企業は多岐に渡り、全国各地から勤務先を選ぶことができます。
更なるスキルアップ
スピードと正確さが求められるメディカルコミュニケーター。様々なお問い合わせに対応できる幅広い知識と、臨機応変に対応できる柔軟性を身につけることができます。

実際どうなの?メディカルコミュニケーター業務

最新の医薬品知識を学び、情報を必要としている方々に提供するのがメディカルコミュニケーターの仕事。この仕事は、自分の知識が薬剤師やドクターを通じて、患者さんの安心に繋がるやりがいのある仕事です。以前勤めていた調剤薬局では、他の業務に追われてしまい、「患者さんの不安の解消」ができませんでした。今は薬剤師としての知識を十分に活かし、本来の目的である「患者さんの不安の解消」を達成できているので、誇りを持ってこの仕事に臨んでいます。