薬剤師に特化した調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬会社への人材派遣・転職紹介情報サイト

お問い合わせは [東日本]0120-747-262 [西日本]0120-622-160(平日 10:00~19:00)

企業で働く薬剤師

企業で働く薬剤師は主に、下記の3種類に分けられます。 管理薬剤師業務
学術・メディカルコミュニケーター業務
医薬品(新薬)開発業務

管理薬剤師業務

保管薬剤の管理が管理薬剤師の仕事です。
具体的には医薬品の在庫管理・入出庫管理・品質管理などが挙げられます。
薬剤の管理以外にも企業により任せられる業務は様々です。

製薬メーカー、医療機器メーカー

自社製品がどれだけ優れているかを学術論文や研究資料から提示したり、
場合によってはマーケティング的な業務まで幅広く行う。
MRの後方支援や情報提供も行う。

  • 医薬品情報の収集・整理・管理
  • 医師・看護師・患者からの問合せ対応
  • 医師、薬剤師への学術情報の提供

医薬品卸

基本的な業務は製薬会社・医療機器メーカーと変わらないが、医薬品卸には流通している。
ほぼ全ての薬が集まるため、それらの情報を統合し、中立的な立場で医薬品情報の提供をする。
MSの後方支援や情報提供も行う。

  • 従業員(MS)の教育
  • 病院や薬局からの問合せ対応

学術・メディカルコミュニケーター業務

製薬会社の学術部門で働く薬剤師の業務には、学術業務とメディカルコミュニケーターがあります。

学術業務

日々更新される医薬品情報を関係者に提供・アドバイスする仕事。
関連文献や最新の報告書などを基にして常に迅速かつ正確に収集・分類・管理されている。

メディカルコミュニケーター業務

医薬品に関する情報を収集・整理・管理し、薬剤師や医師、
一般の方々に最新の医薬品情報を正確に提供する業務。
具体的には、医薬品関連の文献検索、資料作成、電話等での問い合わせ対応が挙げられる。

今注目のメディカルコミュニケーター業務!特集ページはこちら

医薬品(新薬)開発業務

薬剤師としての経験は、新薬の開発という新たなステージ活かすことができます。
特にCRAやCRCは近年需要がかなり高まっているため、薬剤師からCRAやCRCに転職するケースも
増加しています。

CRA(臨床開発モニター)

臨床試験(治験)が実施計画書に従って正しく実施されていることを確認するためのモニタリング業務全般を行う。
製薬企業側として新薬開発に携わることで、医療貢献できる。

(主な業務)

  • ・治験を実施する医療機関の選定
  • ・契約手続き
  • ・試験実施中のモニタリング
  • ・症例エントリーの確認
  • ・必須文書確認
  • ・治験薬管理の確認
  • ・試験終了の手続き

CRC(治験コーディネーター)

治験を実施する医療機関にて、治験責任医師の指示のもと医学的判断を伴わない業務、治験に関わる事務的業務、
チームの調整など、治験業務全般のサポートを行う。
より患者に近いところで新薬開発に携わることができるため、社会貢献度の高さを実感することができる。

(主な業務)

  • ・治験関連部門との調整・連絡
  • ・被験者対応
    (同意説明の補助、スケジュール管理、服薬説明補助など)
  • ・スクリーニング補助
  • ・依頼者対応
    (モニタリング時の対応、治験実施状況の報告など)

就職先企業

企業で働く薬剤師の就職先は多種多様です。
医薬品メーカー(支店)、医療機器メーカー、医療機器メーカー(物流部門)、医薬品卸販売業、医療機器卸販売業、健康食品・漢方薬メーカー、試薬メーカー、医薬・食品原料工場、外資系メーカー(物流部門)、
物流企業等があげられます。
中でも他の薬剤師に比べて業務内容に特色のある勤め先をご紹介します。

  • 試薬メーカー

    物流拠点での商品の出荷判定から薬事関連業務、医薬品、毒物倉庫の管理業務、従業員への薬事法啓発活動やメディカルコミュニケーター業務といった学術関連業務と、販売管理業務までを一貫して行う。薬剤師免許の他、試薬メーカーや物流企業で働いた経験、事務系のパソコンスキルが求められる。

  • 医薬、食品原料工場

    医薬品原料、体外診断用医薬品の製造管理および品質管理業務、薬事関連業務にメディカルコミュニケーター業務など。
    薬剤師免許の他、酵素、微生物などの知識、品質管理業務経験が求められる。

  • 外資系メーカー物流部門

    外資系メーカーの製品に関する品質管理・出荷調整業務、薬事法に関する責任技術者としての管理・監督業務など。
    ビジネス英語などの語学力も求められる。

調剤業務との違い

調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業のメリットデメリット

薬剤師は勤め先によって職場環境や業務、待遇などが異なります。大体でもこの違いを把握しておくことで、
希望の条件に合っているのは薬局、病院、ドラッグストア、企業のどれなのかを判断でき、
より希望条件を満たした案件に近づくことができます。

薬局・病院・ドラッグストア

メリット
・患者に近い現場で働くことができ、
 コミュニケーションが取れる
・雇用・就業形態が多様(薬局)
・在宅業務も増加傾向(薬局)
・高給与(ドラッグストア)
・入院患者の服薬指導ができる(病院)
・チーム医療に貢献できる(病院)
デメリット
・土日出勤がある
・単調な仕事になりがち(薬局)
・調剤業務以外が多忙(薬局)
・店舗異動がある(薬局・ドラッグストア)
・他の薬剤師に比べると給与が安い(病院)
・夜勤がある(病院)

企業

メリット
・基本的に残業は少なく、土日祝日休み
・福利厚生がしっかりしている
・最新の医薬品情報(特に新薬開発)に
 触れることができる
・他職種へのスキルアップが期待できる
デメリット
・臨床現場から離れる
・事務仕事もある
・工場や物流センターの場合は
 地方勤務が多い

薬局・病院・ドラッグストアと「企業」の違い

薬局・病院・ドラッグストアと「企業」の大きな違いは、サービスを提供する相手の違いが大きく影響しています。
薬局・病院の場合は患者が相手になるので、患者が多い日は残業をする可能性も高くなります。
また、コミュニケーションの機会が多い仕事でもあるため職場に女性が多く、人間関係に疲れてしまう人も少なく
ありません。特に薬局の場合は、こうしたデメリットを前提とした好待遇であることを十分理解していた方がいいでしょう。

一方企業で働く薬剤師は、一般的なサラリーマンのイメージに似ています。
サービス相手が行政や医師、MR、MSなので、平日に定時まで勤務して土日祝日は休み、当然病院のような夜勤はありません。事務仕事が多い点に関しては好みが分かれますが、座り仕事なので体力的に大きく負担がかかることはありません。医薬品開発に限っては、出張で全国の担当病院へ出向くため、旅行好きな方にも選ばれます。
ここまでだと薬剤師らしさに欠くように思えますが、触れている医薬品情報がかなり広範囲に渡るため、薬剤師としての専門性を高め、キャリアの幅を広げることができます。