薬剤師に特化した調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬会社への人材派遣・転職紹介情報サイト

お問い合わせは [東日本]0120-747-262 [西日本]0120-622-160(平日 10:00~19:00)

気持ちよく転職するために「円満退職」を。

円満に退職するためのポイント

  • 退職までのスケジュールをしっかりたてること
  • 退職の意志を明確に伝えること
  • 必要な手続きをきちんと知っておくこと

退職の手続きは意外とめんどうなので、予め書類と心の準備をしておきましょう

退職までのスケジュール

アイコン:薬袋ちゃん

まずはスケジュールを立てましょう

退職してから転職活動をはじめるのか、在職のまま始めるのか決めます。
さらにどうやって活動するか?(紹介会社を使うか、自分で探すかなど)
いつ頃から働き始めたいのか?転職活動の詳細を考えます。
退職まで余裕のあるスケジューリングをすることで、同僚に迷惑をかけずに引き継ぎを行うことができます。
「立つ鳥跡を濁さず」とことわざがあるように、きれいに退職するのが円満退職の秘訣です。

アイコン:錠剤

企業によっては退職の申請時期を設けている場合があるので、
就業規則は予め確認しましょう。

退職意志を伝える

スケジュールに目処がついたら、退職の意思を伝えます。
最低でも1ヶ月前には上司に辞意表明をしましょう。
まずは直属の上司に「相談」という形で切り出します。

アイコン:薬袋ちゃん

先にさらに上の上司や薬局長、同僚にも言わないようにしましょう!
変な噂がたってしまったり、思わぬところから強い引き留めにあったり、
退職できない状況になるかもしれません。

退職願の提出

上司に辞意表明をしたら、退職日を相談します。
引き継ぎ期間や繁忙期などを考慮して決めましょう。
退職日が決定したら、「退職願」を早めに提出します。会社既定の様式があれば使用しましょう。
遅くとも、退職日の2週間前には提出します。

アイコン:錠剤

就業規則はよく確認しましょう。

業務引き継ぎ

退職意思が会社に伝わり次第、引き継ぎに入ります。
最終出勤日までに後任者への引き継ぎが終了するよう、余裕をもったスケジュールを立てましょう。

アイコン:薬袋ちゃん

後任者が困らないよう、仕事のフローや業務内容を事前にまとめておきましょう!

再就職までの手続き

退職してもその時点で転職先が決まっていない場合は注意です!
その場合は「雇用保険の失業給付金」が頼りになります。
これは再就職するまでに必要な生活を保障してくれる保険で、ハローワークで手続きができます。
また、雇用保険の受給には条件があるため、ハローワークで自分の場合はどうなるのかをしっかり確認しましょう。