あなたに合った保育士求人情報(正社員・派遣・紹介派遣・パートアルバイト)をご紹介!

03-6866-7260 (受付時間 10:00~18:00)

保育士として仕事をするにあたって、公立保育園と私立保育園の違いは
しっかりと把握しておいた方がいいでしょう。保育の理念、勤務条件などが大きく異なります。

公立と私立の違い

公立 私立
運営 自治体 民間
(社会福祉法人・NPO・企業など)
園の特徴 質が安定・均一している 園によって様々な特徴がある
その他 転勤がある 延長・夜勤保育等
サービスが充実

公立保育園の場合は公務員扱いのため、条件に関しても公務員ならではの要素が挙げられます。一番魅力的なのは「安定」で、勤続年数が長くなるにつれて給料は順当に上がっていきます。産休・育休も保障されているので、出産・育児をきっかけに退職する人も少ないようです。(逆に出産・育休を理由に辞めにくい雰囲気はあるようですが…)しかし公務員なので、保育士資格の他に公務員試験に合格しなければ公立保育園には勤められません。また、転勤があります。保育園間だけでなく児童養護施設などの保育士が必要な施設に転勤することもあり、その場合は夜勤や宿直勤務を強いられる可能性が高くなります。しかし先生のバランスをシャッフルし、一定の「質」をつためにも、施設転勤は必須のようです。

私立保育園の運営は主に社会福祉法人(福祉を実践していく為の非営利組織)が占めていますが、最近では規制緩和の影響で企業やNPO、学校法人などでも運営できるようになっています。私立保育園の良さは、園それぞれに様々な特徴があることです。アットホームで一人一人の子供と深く関わることのできる園、キリスト教や仏教など宗教をベースにしている園、カリスマ的な園長がいる園、食育などに力を入れている園など特色をもっています。
自分の保育感に合った園を見つけることができれば、やりがいも増すでしょう。また、給与面に関しては公立保育園と同等になってきていることに加え、厚生労働省の施策も始まっています。(※「保育士のお給料」参照)
転勤も無いので長く勤められるのもいいところです。私立保育園の場合は園によってあらゆる方針、特徴、待遇があるので、あらかじめその園の情報を良く知る必要があります。特に結婚、出産後も同じ園で保育士を続けたい場合は、育休から復帰した保育士がどれだけいるかを確認すると、その園が長く働きやすい環境なのかの目安になります。