あなたに合った保育士求人情報(正社員・派遣・紹介派遣・パートアルバイト)をご紹介!

03-6866-7260 (受付時間 10:00~18:00)

やりがいも大切だけど生活も大切。保育士のお給料の相場がどれくらいなのか把握することで、
少しでも良い条件の求人情報を見つけましょう。

保育士のお給料

職場や勤続年数などの条件によって上下しますが、保育士の給料は平均すると月給22万円、年収325万円ほどです。時給で計算すると1249円、年間のボーナスの合計が63万円と
なりました。 施設によっても異なりますが、保育士の年収は平成14年の平均358万円から
若干下降し、その後は横ばい状態です。時給やボーナスも同じように推移しています。

平成22年 保育士の平均年収:325万円

  • 平均年収:325万円
  • 平均月収:22万円
  • 平均時給:1249円
  • 年間ボーナス等:63万円
  • 平均年齢:33.7歳
  • 平均勤続年数:7.7年
  • 復元労働者数:157160人
  • 総労働時間:175時間/月
  • 男性平均年収:361万円
  • 女性平均年収:323万円
  • 男性割合:4.8%
  • 女性割合:95.2%
保育士 過去10年間の平均年収推移(単位:万円)
保育士 過去10年間の平均年収推移(単位:万円)
保育士 平均月収推移(単位:万円)
本統計上の男女比

保育士の仕事は介護と同じ福祉サービスの一つです。こうした福祉サービスで大きな利益を出すのは難しいため、正社員の給料を上げるのは難しいとされています。保育士の最大の
魅力は「こどもたちを保育する」という仕事そのもので、待遇ではありませんが、近年では高時給である派遣としての働き方を選ぶ方も増えています。社会的需要やハードな仕事内容に見合った高時給で、保育の仕事に対し、より一層のやりがいを見出しています。

また、厚生労働省は私立保育園に勤める保育士の給与を2013年4月から引き上げる方針を
固めました。具体的な額は施設により異なりますが、最大月1万円程度上乗せされる見込みです。私立保育園は公立保育園に比べて給与が低いので、少しでも待遇を改善して人材確保につなげ、子育て支援充実や待機児童解消に努めるようです。
働き方の多様化や政府の取り組みで保育業界にも少しずつ変化が訪れています。今後の状況改善に注目です。