あなたに合った保育士求人情報(正社員・派遣・紹介派遣・パートアルバイト)をご紹介!

03-6866-7260 (受付時間 10:00~18:00)

好きな仕事と言えども、多すぎる残業は避けたいものです。
休日や産休に関してもきちんととれるのか、実情が気になるところです。
園によっても異なるので、しっかり把握しておきたいポイントです。

勤務時間について

通常、保育士の勤務は一日8時間です。勤め先によっても異なりますが、通常の保育時間は
8時30分から17時30分となっています。ただ最近ではほとんどの保育園で延長保育があるので、シフトを組みながら勤務時間を決定します。

<一般的なシフトの例>

  • 早番:7時頃〜15、16時まで
  • 中番:8〜9時の間〜17、18時まで
  • 遅番:9〜10時〜子どもが帰るまで

延長保育は前後1〜2時間を延長する保育園が多くなっていますが、すべての時間帯で勤務していては勤務時間が長くなりすぎてしまうので、少しずつ勤務時間をずらして延長保育に対応しています。園によってはシフトを延長保育に合わせて設定していたり、延長保育の時間にパートの保育士を配置している所もあります。
また、最近では保護者の声に応えて夜間保育や早朝保育を行っている保育園も増加しており、深夜から朝方まで預かってくれるような保育園もあります。この場合は夜勤シフトの対応が必要になります。

保育時間の増加から、シフト制にする保育園が増えているようです。シフト制の場合は入れ替えのスタッフときちんと交代できれば、過度な残業を強いられることはなさそうです。
しかし、行事前後になると保育時間外で行事の準備をしなければならないため、残業したり、家に持ち帰って作業をすることがどうしても多くなってしまいます。

休日について

保育士の休日については、以前は4週5休、4週6休というところが多くありましたが、
今では週休2日制を導入している保育園が増えています。
しかし週休2日は土日ではありません。
土曜日の場合、行事の予定や土曜勤務の保護者に対応する為に、土曜日も保育を行わなければならないからです。ただ、平日と比べると園児の数は極端に少なく、交代で土曜に休みを取ることは可能なため、「月8日の休日(4週8休)」としてシフト制で休日を取ることが増えています。

長期休暇に関しては、年末年始であれば基本的に保育園も休むことができますが、希に年末年始も保育を行う園があるので、あらかじめ確認した方がよいでしょう。
夏期休暇に関しても同様です。

産休育休について

働く女性が出産後も働き続けることができるよう、産前は6週間、産後は8週間の休暇をとることが労働基準法によって定められています。産前・産後休暇中、またはその後の30日間の間に解雇することは法律で禁止されています。
産後休暇は出産した次の日から8週間となっていますが、医師・助産師などの許可がある場合、保育園で働けるのは42日後となっています。

育児休暇は産後休暇が明けてから子どもが満1歳の誕生日を迎える前日までとなっています。ただし、一定の条件を満たしている人の場合は、子どもが1歳6か月になるまでは育児休暇として認められることもあります。
育児休暇に関しては、男性保育士も取得することができます。

しかし保育士の場合、結婚・出産すると退職してしまうのが一般的なようです。保育士としてフルタイムで働く場合はシフト制が多いため、その日の勤務時間によっては保育園の送迎に支障が出てしまいます。しかし配偶者の協力や祖父母の協力を得て保育士を続けたり、一度退職しても復帰するケースはたくさんあります。